【武蔵小杉】エリアNo.1家系はココ!「横浜ラーメン 渡来武 総本店」

今回は、東急東横線武蔵小杉駅を南口に出て、センターロード小杉に向かって歩くと右手にすぐ見えてくる『横浜ラーメン 渡来武 総本店』を勝手にPR!

川崎市内の家系ラーメンの中で、私が最も愛してやまない家系ラーメンです!

券売機​
券売機
目次

『渡来武』の「武」は『武蔵家』の「武」!

多くの人が一度では食べた事があるであろう家系ラーメン。その中でも私が群を抜いて好きな家系ラーメンが、都内に店舗を展開する『武蔵家』の家系ラーメンです。

「いや『渡来武』の話じゃないんかい・・・!」と言わずに、もう少し読み進めて頂けたらと思います・・・。

現在、私は明治大学に通っているのですが、明大前駅の和泉キャンパスと御茶ノ水駅の駿河台キャンパスの目の前には『武蔵家』が堂々と店を構えています。その為、いつも『武蔵家』には明大生が長蛇の列をなしており、『武蔵家』は明大生のソウルフードとなっているのです。(私もその列を形成する一員←)

私なんて、『武蔵家』を食べる為だけに大学に通っているようなものでした。

酷い時には3限の授業(13:30から)に出る為にお昼前に大学に行ったのにも関わらず、『武蔵家』でお昼を食べた事に満足して、授業を受けずにそのまま帰宅してしまうような大学生活・・・。

久しぶりに大学に登校した際の私のツイート

まあ、私の話はこの辺にしておきます。笑

そんな明大生が大好きな『武蔵家』の味ですが、それを武蔵小杉で堪能できるが『渡来武』なのです!!

と言うのも、『渡来武』という店名には「渡って来た武蔵家から」という由来があります。つまり、『武蔵家』で修行をした店主が『渡来武』を立ち上げ、武蔵小杉以外にも自由が丘や学芸大学などでその味を広めているのです。

カウンターにはこの様な説明が・・・​
カウンターにはこの様な説明が・・・

そうした経緯もあって、『渡来武』は根強い『武蔵家』ファンからも愛されています。

店内の様子​
店内の様子

豚骨醤油に酒井製麺、白米にキュウリの漬物という黄金の組み合わせ

この日頼んだのは、ラーメン(680円)にネギ(150円)のトッピング。そして無料のライスです。

お好みは、麵固め、油少なめ、味普通。私が家系を頼むときはいつもこの三拍子です。

ラーメン
ラーメン+ネギ&ライス

『渡来武』の家系ラーメンは、『武蔵家』の味を忠実に再現しています。

濃厚スープとラーメン醤油の組み合わせに酒井製麺の中太ストレート麺が相性抜群です。

ラーメン
見るからに美味しそうなラーメン

そしてなんと言っても、何杯食べても無料のライスと、カウンターに置いてあるキュウリの青かっぱ漬けがスープと麵と相まって食欲をそそります。

オススメは、スープに浸したほうれん草とネギをライスに載せ、同じくスープに浸した海苔きゅうりとライスを一緒に巻いて食べる食べ方です。チャーシューをライスに乗せるのも絶品。

ご飯が止まりません!​
ご飯が止まりません!

そして、麺を半分ほど食べたら、卓上のにんにくを入れて味変。

卓上の味変グッズ​
卓上の味変グッズ

さっぱりだけどパンチのある味に様変わりして、ライスも進みます・・・!

ラーメン(680円)​
ラーメン(680円)

こちらは別の日に頂いたラーメン。

やっぱり美味い!濃厚スープと麺が堪りません!

麺も抜群!​
麺も抜群!

お得な”朝ラー”がオススメ

そして、武蔵小杉の『渡来武』では”朝ラー”をやっているようです。

朝7時から11時までの間は、トッピングが1品無料との事!

朝ラーの看板​
朝ラーの看板

昼間だと比較的混んでいる事も多いので、午前中にサクッと”朝ラー”してみるのも良いのではないでしょうか。

ブレスケアは忘れないように!笑

外観
外観

あわせて読みたい:【武蔵小杉のラーメン特集】地元民オススメの絶対に食べたい人気ラーメン店 | なかはらPR

店舗情報

【住所】中原区小杉町3-430
【電話番号】044-733-3121
【営業時間】11:00~翌1:00
【定休日】無休
【ホームページ】横浜ラーメン 渡来武 総本店 食べログ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる