中原区の飲食店・中小企業限定!ジモト応援無料広告について

平均43.7歳!大都市で「川崎市」が最も若い自治体に 最も若いのは何区?

川崎市若い
  • URLをコピーしました!

川崎市は1月25日、令和2年国勢調査確定値による川崎市年齢別人口を発表しました。

市が発表した資料では、21大都市の中で川崎市が最も平均年齢が低いという調査結果が掲載されています。

平均年齢は43.7歳で、東京都区部より1.1歳も若い結果に。

『川崎市年齢別人口(令和2年国勢調査確定値による)-令和2(2020)年10月1日現 在-』p.8
『川崎市年齢別人口(令和2年国勢調査確定値による)-令和2(2020)年10月1日現 在-』p.8

そして、川崎市内に目を向けてみると、最も若いのは中原区41.2歳

最も平均年齢が高いのが、麻生区45.8歳となっています。

  • 中原区 41.2歳
  • 高津区 43.1歳
  • 多摩区 43.5歳
  • 幸区  44.2歳
  • 宮前区 44.3歳
  • 川崎区 45.1歳
  • 麻生区 45.8歳

全国平均が47.6歳であることを考えれば、麻生区も含めて川崎市はかなり若い自治体であることは間違いありません。

そして、この川崎市7区内でも中原区が頭一つ抜けて若いことがわかります。やはり、タワーマンションの増加によって、子育て世帯が増えていることや、交通の便から都内で働く単身者が移住してきていることが要因でしょうか。

いずれにせよ、川崎市は全国でも屈指の「若い自治体」ということで、新しいことやチャレンジングなことに取り組む自治体として、どこまで成長出来るか注目です。

参考:川崎市年齢別人口(令和2年国勢調査確定値による)-令和2(2020)年10月1日現 在-|川崎市

川崎市若い

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる