【元住吉】地元で知らぬ人はいない駄菓子屋「はらだや」は、風情の残る子どもの集い場

今回は、東急東横線元住吉駅から少し離れた、住吉小学校の近くにある駄菓子屋『はらだや』さんを勝手にPR!

地元の子ども達に長年愛されている駄菓子屋さんです。

目次

『はらだや』は、いつの時代も子どもの集い場

小学生時代の記憶を思い出しつつ、久しぶりに『はらだや』を訪れると、今でも地元の小学生の集いの場となっていました。

武蔵小杉駅周辺を始めとして再開発が進み、ブレーメン通り商店街チェーン店化が顕著になる中で、未だに、こうした子どもが集えるような駄菓子屋が残っている事に感動します。

地元住民の幼い頃の思い出がいっぱいに詰まっている『はらだや』は、いつまでも残っていて欲しいですね。

私が通っていた中学のOBで、現在40代の方がいるのですが、その方も「子どもの頃は、いつも学校が終わると『はらだや』に行ってたんだよ」と懐かしんでいました。

いつの時代も子ども達に愛されるのというは素晴らしい事だと思います。

はらだや
はらだや外観

昭和の香り漂う懐かしの駄菓子屋

一歩中に入ると、昔を思い出して懐かしくなって楽しくなってしまうような、昔ながらの駄菓子屋さんです。

はらだやの中
はらだやの中

昔より若干値上がりしたかな?とは感じるものの、たまに食べたくなる懐かしの駄菓子がづらりと並んでいます!

この日、一緒に行った友人たち(大学生)も、久しぶりの『はらだや』にはしゃいで、懐かしのお菓子を両手に抱えていました。笑

小学校の頃は、安い駄菓子だから好きなだけ沢山買う、なんて事も出来きませんでした。

数百円をポッケに入れ、欲しいお菓子を何個か選んで買っていた記憶が蘇ります。

しかし、大学生ともなると好きなお菓子を買い放題です。笑

この様に、幼い頃から『はらだや』に通っていた地元の人にとっては、自分の成長がリアルに感じられるスポットでもあります。

元住吉駅周辺で駄菓子が恋しくなったら『はらだや』さんへ行ってみてはいかがでしょうか。

関連記事:地元の小学生が集う駄菓子屋「はらだや」〜神奈川県川崎市〜

あわせて読みたい:【元住吉】『ゆうき亭』絶品こだわり食材 行列ができるモトスミの本格洋食店 | なかはらPR

店舗情報

【住所】中原区木月1-7-44
【営業時間】15:00〜18:00
【定休日】火曜日

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる