中原区から目指すはGAFA!現役東大生創業のAIを活用した広告サービス「Essen」とは?

スタートアップ企業と聞くと、なんとなくキラキラしたイメージがあり、渋谷でオフィスを借りてブイブイ言わせている人たち・・・と思っている方もいるかもしれません。

しかし、ここ中原区にも、途轍もない可能性を秘めたスタートアップ企業がある事をご存じでしょうか。

今回は、中原区でAIを活用した広告プラットフォーム「Essen」を創業した現役東大生・橘健吾(たちばなけんご)さんにお話をお伺いしてきました。

和合大樹 / Wago Taiki

現役の学生が中原区発のスタートアップ企業を立ち上げたという事で、ワクワクが止まりません!

橘健吾さん
中原区木月にあるシェアオフィスで出迎えてくれた橘健吾さん
目次

中原区発!個人と企業が共助的に価値を生む広告プラットフォーム 「Essen」

AIを活用した広告プラットフォームと言われても、何を言っているのかわからない人が殆どだと思います。

まずは「Essenとは何なのか」について、聞いてみました。

和合大樹 / Wago Taiki

Essenって、どんなサービスなんですか?

橘健吾さん

Essenは、個人の所有する車両の表面を広告媒体として活用し、AIなどを活用する事によって独自に広告効果を評価するサービスです。

橘健吾さん

パートナードライバー(PD)は、自家用車の後方に広告を貼る事でお金を稼ぐ事が出来ます

そして、広告主は広告を掲示した車両が走行する事で自然に広告効果が発生し、AIを用いた広告価値の評価を行う事で最適な広告配信が可能となります。

和合大樹 / Wago Taiki

具体的に、どうやってAIを使って広告価値を測るんですか?
AIに疎いもので・・・。

橘健吾さん

「どこで何人が立ち止まるか」などの統計情報(交差点における滞留量の推定等)、人流・交通流・空間統計データ、広告主の希望、ドライバーの位置情報からEssen独自のAIが広告価値を評価します。

このシステムは現在、特許も出願中です。

橘健吾さん

ドライバーの位置情報は、ドライバーが運転時に専用のアプリを起動する事で把握します。

ワンタッチなので手間もかかりません。

アプリ
アプリの画面
和合大樹 / Wago Taiki

ほ、ほう・・・。

専門的な部分は置いといて、車にシールを貼るだけで一定の広告効果が見込めて、それを評価する事も可能だという事はわかりました。

同じ大学生とは思えないほど凄くて感激してます。笑

和合大樹 / Wago Taiki

でも、ドライバーが普段の生活の中で好きなように走っていたら、広告主としては広告費をかけているのに効果があまり無くて困りませんか?

そして逆に、ドライバーとしても広告価値のある道ばかり誘導されたら、本来の目的地まで遠回りする事もあって嫌なんじゃないですか?

橘健吾さん

その心配はありません。

先ほど話したAIやIoTを活用した評価システムで、どのルートを通ればどれくらいの効果があるか、という物は全て算出されており、広告主はその効果のぶんだけ費用を支払い、ドライバーはそのルートの広告効果に従った報酬がもらえます。

橘健吾さん

なので、稼ぎたい人は提示されるを地図を見て、広告効果の高いルートを走行すれば良いですし、普段の生活で使う人は特に気にせずに走って頂ければ構いません。

広告主としても、広告を出稿したから費用が掛かるという訳ではなく、AIが算出した効果の分だけ費用をお支払いして頂くという形になります。

ルート
赤い部分が広告効果が高い地点

なぜEssenを始めたの?なぜ中原区?

現在、25歳東京大学大学院博士課程1年に在籍する橘健吾さん。

天文学を学んでいるという事で、一見このサービスとはあまり関係なさそうなのに、なぜEssenを始めたのか、深堀していきます。

和合大樹 / Wago Taiki

月並みな質問で恐縮なのですが、なぜEssenを始めようと思ったのですか?
橘さんのバックグラウンドも含めて教えて頂けたらと思います。

橘健吾さん

私自身、もともと愛媛県で育ち、大学は東北大学に行きました。

中学時代からUFOや天文が好きで、将来は天文学者になろうと思っています。

橘健吾さん

天文学で用いる統計などの知識は、サービスにも直接役立っているのですが、実はこのサービスの着想には天文学はあまり関係ありません。笑

学部生時代に全国を旅する中で、スポンサーを得ながら自転車で日本一周をしている人を発見し、ドライバーと広告主を結びつけるサービスを思いつきました。

その後、新丸子のシェアハウスに引っ越してきまして、そこでしばらくして、ある出会いからこのサービスを始めるに至っています。

和合大樹 / Wago Taiki

そんな経験があったんですね。

ちなみに、なぜ引っ越し先に新丸子を選んだんですか?

あと、「ある出会い」がめちゃくちゃ気になります。笑

橘健吾さん

新丸子に引っ越したのは本当に偶然です。

東急目黒線沿いで、住みやすい所が良いなという事で、最終的に新丸子を選びました。

橘健吾さん

この時点では、サービスを始めようとも思ってなかったですし、中原区に思い入れも正直あまりありませんでした。笑

しかし、たまたま新丸子の『かすが たから舟』という寿司屋に二日連続で行った事がきっかけで全てが大きく変わりました。

和合大樹 / Wago Taiki

え、なんで二日連続で行ったんですか?!

橘健吾さん

単純に、美味しかったからです。笑

でもそのおかげで、二日目に、地元で顔のきく方に偶然お声をかけられまして・・・。

驚いた事に、その方もUFOとか天文に興味があってようで、結構話が盛り上がったんですよね。笑

そこで、「そういえば、こういうサービスのアイデアがある」という話をしたら、そこから色々な人を紹介して頂く事に繋がっていき・・・、という流れで今に至ります。

橘健吾さん

今考えれば、中原区に来たことが本当に人生の転機です。

みんな川崎愛中原区愛が強いのがすごく印象的なのですが、優しい人が多く、すぐに人を受け入れてくれる街だと感じています。

また、工業都市の印象が強かったのですが、それに負けないくらい伝統もある街だなと、地元の人と交流するたびに感じています。

和合大樹 / Wago Taiki

すごい偶然と中原区愛ですね!

これから、Essenというサービスが中原区でどうなっていくのか、目が離せません!

これからの目標

偶然の連続で、中原区発のスタートアップ企業設立にまで至った橘健吾さん。

AI等の最先端の技術力と、中原区という”ホーム”での人との繋がりを活かして、これから何を目指していくのでしょうか。

橘健吾さん

我々が目指すのは、中原区から世界で戦える企業になる事です。

ずばり、目標はGAFAです。

このAIのシステムは、中原区だけでなく、地球上どこでも応用して使う事が可能です。

中原区でのサービス運用を皮切りに、全国へと拡大していき、いずれは世界でこのサービスが使われるようにしたいですね。

橘健吾さん

現在は、地元の名だたる企業の方々との連携も進めております。

しかし、こうした目標を持ちながらも、「どこかが搾取する」といったビジネスは違うと思っています。

真に目指すのは、お金を稼ぐだけではなく、ビジネスと社会課題を掛け合わせて、ドライバーも企業も地域社会三方よしの関係を築く事です。

和合大樹 / Wago Taiki

通勤通学送り迎えでお小遣いが稼げるというのも良いですが、このサービスがこれから拡大していけば、ウーバーイーツの配達をしながら稼ぐ事だって出来るようになりそうですね!

これからの発展とご活躍に期待しております。

本日はありがとうございました。

Essenでは現在、サービス先行お試し協力者を募集しています。

まだまだ駆け出しの広告サービスの最初のユーザーとして、お小遣い稼ぎしてみたい方がいましたら、ぜひ下部のお問い合わせフォームからご連絡頂けますと幸いです!

関連: 屋外広告の効果をAIで可視化する「株式会社Essen」の設立および資金調達のお知らせ|PR TIMES

説明
Essenの説明

関連:『なかはらPR』への掲載ご希望の方へ | なかはらPR (nakahara-pr.com)

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる