【武蔵小杉】初心者大歓迎 オシャレなボルダリングジム「BOULDER BOYS KLUB」をご紹介

JR南武線武蔵小杉駅から徒歩9分、新丸子駅から徒歩8分、向河原駅から徒歩6分の上丸子山王町に、オシャレなボルダリングジムが出来たことをご存知でしょうか?

今回は、2021年4月23日にオープンした、初心者でも楽しめて居心地の良いボルダリングジム「BOULDER BOYS KLUB」の魅力を紹介致します!

ボルダリング初心者で運動神経があまり良くない私が、実際に足を運んで体感した体験レポートです!

この記事を読めば以下の様な疑問が解決!

  • ボルダリングジムってどんな所?
  • 何を準備すれば良いの?
  • お金はどれくらいかかるの?
  • 初心者でいきなり参加するのは恥ずかしくない?
目次

初心者必見!ボルダリングの始め方

ボルダリングと言えば、最近では比較的知名度も上がっており、「やった事はないけど知ってる!」という人は多いスポーツだと思います。

私もその一人でしたが、友人から突然誘われて興味本位で行ってみたのが、今回紹介する「BOULDER BOYS KLUB」です。

ボルダリングって何?

ロープや道具を使わずに体全身を使って3~5mの高さを最低限の道具(シューズ、滑り止め)だけを使って登るスポーツです。

自分のレベルに合ったコースを、パズルを解くような感覚で攻略していくゲーム性があり、集中力も鍛えられます。さらに様々な身体の動きを駆使して登っていく為、達成感があり体幹や全身を鍛えることが出来ます。

大人も子供も(小さい子からお年寄りまで)、性別問わず誰もが楽しめるスポーツです。

引用元:始めての方へ|BOULDER BOYS KLUB

「BOULDER BOYS KLUB」でボルダリングを始める前に

「BOULDER BOYS KLUB」の外観はこんな感じです。※夜に行ったので、暗いのはご了承下さい。

外観
外観
看板
看板

入り口から、オシャレな雰囲気が漂ってきます。中があんまり見えないので、一瞬なんの建物かわからないかもしれませんが、よく見るとボルダリングジムです!笑

中に入り、初めての利用である事を受付の方に伝えると、すぐに対応してくれるのでビビらずに中に入りましょう。笑

ロフトから見た入口の様子

まずは、料金の説明を受けて登録作業を行います。特に煩雑な作業はないですが、ホームページから事前登録して行くと楽だと思います。

初回登録料\1,100
一般学生小学生
平日(通日)\1,700\1,500\1,300
平日(2時間)\1,200\1,000\900
土日祝(通日)\2,000\1,700\1,500
土日祝(18:00~)\1,500\1,300

他にも、月パスや回数券などもありましたが、ここでは割愛。(気になる方はホームページからご覧ください。)

思っていたより安くてびっくりです!

ボルダリングに必要なチョーク(滑り止め)レンタルシューズ初回は無料で借りる事が出来ました。

レンタルチョーク\330
液体チョーク\220
レンタルシューズ\330
レンタルウェア(S/M/L)\330

そして、登録作業を終えたらまずはロフトで着替えてストレッチ用具のレンタルも出来るので、タオルや着替えなどの最小限の持ち物で楽しむ事が出来ます。

ロフト
ロフト

ロフトは、更衣室や荷物置き、ちょっとした休憩スペースもあってくつろぐ事が出来ます。ノリの良い洋楽も流れていてイイ感じの雰囲気。登る前にテンションが上がります・・・!

それでは、いざボルダリングウォールへ!

ボルダリングには、初心者でもスグに場の雰囲気に馴染める理由アリ

初心者で全く何も知らない私は、ひとまずこのジムのオーナーの上野さんにルールや登り方など説明をして頂きました。

そもそも登るルートが組まれていて、そのルートによって難易度が分かれている事を始めて知りました。笑

説明してくれている上野さん
ルールを説明してくれている上野さん
グレード
グレード一覧(各種講習会の情報も)

ホールド(登る時に掴む岩)の下にそれぞれ色テープが目印として付けられており、それを追って登っていくようです。

そして登る時には、滑り止めのチョークを手に付けます。この日お借りしたのは液体チョーク。手に液体を垂らして、空気に触れると粉に変化していきます。粉の変化は手の水分量などによって個人差があるようで、しばらく粉にならない人もいました。

液体チョークが変化した所を見せてくれた上野さん
液体チョークが変化した所を見せてくれた上野さん
個人差凄い・・・!
個人差凄い・・・!

登り方などもわかりやすく丁寧に説明して頂き、最初は何もわからなくて緊張していたものの、説明が終わった頃には完全に「早く登りたい!」というマインドになってました。笑

登り方を説明してくれている上野さん
登り方を説明してくれている上野さん

説明が終わったら、さっそくボルダリングに挑戦!

最初は「周囲に見られて登るのはちょっと恥ずかしいな」という思いもありましたが、登り始めてみると初心者でもスグにこの雰囲気に馴染める理由がわかりました。

実際に登っていると、”次にどのホールドを掴んで、次にどこに足をかけて・・・”と、初心者が一人で考える事は到底出来ません。笑

なので、自然と周囲からの「右に掴む所あるよ!」「左足を横の赤いホールドに!」など、声掛けが生まれてきます。

そうしていると、周囲の殆どが知らない人たちなのに、ジム全体で一体感が生まれて不思議と居心地の良い環境になっていくのです。

また、ボルダリング初心者が恥ずかしいと思う原因は「失敗するのを見られたくないな」という気持ちだと思いますが、そもそも結構みんな失敗するので安心してください。笑

失敗し続けて、それを達成していく所にボルダリングの面白さがあると思います。(初心者のクセしていっちょ前にすみません←)

全体
全体

地元で夢を体現!ボルダリングだけでなくて地域の魅力も伝えたい

「多くの人がボルダリングをもっと身近に感じる空間を作りたい。そんな夢をずっと思い描いていました。」

そう語るのはオーナーの上野さん。

上野さんと受付の女の子
上野さんと受付の女の子

上野さんは学生時代からボルダリングを始め、いつか仲間たち(=BOULDER BOYS)が集まれるような場所を作りたいと語り合っていたそう。そして、それから10年以上の時を経て立ち上げたのが「BOULDER BOYS KLUB」です。

ちなみに、店名の「BOYS」というのは「男の子」という意味ではなく、「仲間たち」という意味です。また、「KLUB」のスペルが”C”でなく”K”なのは、イギリスでは昔、堅苦しい「CLUB(=社交場)」を、若者などが楽しめるように”C”を”K”に変えて「KLUB」としていた所に由来しているそうです。

性別、年齢問わずクライミング好きなら誰もが集まれ、垣根を越えてお互いコミニュケーションが生まれ、仲間と語り合えるような居心地の良いジムを目指していると言います。

そして上野さんは、ボルダリングの魅力を伝えるだけでなく、地域の魅力を伝える活動も始めていました。

制作した地元マップを見せてもらいました
制作した地元マップを見せてもらいました

ジム周辺の美味しいラーメン屋、カフェ、レストランなどのマップを制作しているのです。

手作り感満載で可愛い!
手作り感満載で可愛い!

「ただボルダリングをしに来るだけじゃなくて、終わったら仲間で地元の美味しいお店に行って、仲を深めるきっかけにして欲しい」と語ります。

初心者大歓迎!ぜひこの機会にボルダリングを

実際に「BOULDER BOYS KLUB」 に行って感じたのおは、とても暖かい雰囲気で、初心者でも居心地の良いジムだという事です。

新しいコミュニティに参加した時に、”新参者の居心地の悪さ”を体感した事がある人もいるかもしれませんが、このジムには全くそういった疎外感がありませんでした。

ぜひ皆さんも、このオシャレで素敵なボルダリングジム「BOULDER BOYS KLUB」で気軽に汗を流してみてはいかがでしょうか。

小物がオシャレ・・・!
小物がオシャレ・・・!

参考: BOULDER BOYS KLUB

あわせて読みたい:川崎フロンターレの苦難と栄光の歴史―合言葉は「チームづくりと街づくり」 | なかはらPR

店舗情報

【住所】中原区上丸子山王町2-1325-1 大弘ビル1F
【電話番号】044-789-5528
【営業時間】
平日 13:00~23:00
土曜 11:00~22:00
日・祝 10:00~22:00
【定休日】月曜日
【ホームページ】 BOULDER BOYS KLUB

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる