川崎市長選 立候補予定者の経歴、政策まとめ [最新版]

2021年10月17日告示、31日投開票の川崎市長選挙

4年に一度の、地元の未来を決るめる大切な選挙です。

今回は、川崎市長選挙において誰がどんな政策を主張しているのかどんな経歴なのか、わかりやすくまとめていきたいと思います。

※この記事は、特定の人物を支持する記事、または支持を促す記事ではございません。

目次

福田紀彦(無所属|現職市長)

福田紀彦
画像:川崎市長 福田紀彦(ふくだのりひこ)公式サイト

まず紹介するのは、言わずと知れた現職市長・福田紀彦氏。2013年の初当選以来、安定した市政を築いています。今回は3期目の挑戦です。

ちなみに、2013年はどこ政党の支援も受けない無所属。対する相手候補は、前職の阿部市長から後継指名を受け、自民党・公明党・民主党の推薦を受ける盤石な体制で挑みましたが、福田氏はこれに勝利します。これによって、長年続いた”役人あがりの市長”という、川崎市の慣習が幕を閉じました。

そして、2021年の今回は自民党川崎市連の支援、立憲民主党の支援、日本維新の会の衆議院3支部長による自主支援などを受けて挑戦を予定しています。(詳細はリンク先参照)

経歴

1972年 川崎市宮前区出身(49歳)
1990年 米国アトランタ・マッキントッシュ高校卒業
1995年 米国ファーマン大学政治学専攻卒業
1997年 松沢しげふみ衆議院議員の秘書を務める。
2003年 神奈川県議選(宮前区)初当選。※民主党
2007年 2期目当選。
2009年 川崎市長選挙で惜敗。※民主党推薦
2009年 早稲田大学マニフェスト研究所・客員研究員、松沢しげふみ神奈川県知事の秘書を務める。
2013年 川崎市長選挙初当選。※無所属
2017年 2期目当選。

政策(マニフェスト)

川崎市は「特別自治市」を目指します!

※特別自治市についてはこちら:福田氏が川崎市長選の新マニフェスト発表 川崎独立?福田氏の目指す「特別自治市」って何?| Yahoo! JAPAN

  • 暮らしの安心に必要な機能に、15分でアクセスできる生活都市へ
  • 世界のモデルケースになるリサイクル都市へ
  • 地球環境と共生できる、ものづくり都市へ
  • こども、若者の声を市政に

この基本理念をベースに、49に細分化された公約を掲げています。

主な政策

コロナ対策:3回目以降のワクチン接種、病床の拡充、人材育成強化
多様性:「差別のない人権尊重のまちづくり条例」を適切に運用
子育て:母子の孤立対策、地域での学び合いサポート、引きこもり支援
福祉:「かわさき健康ポイント」で、運動をポイント化するシステム作り
インフラ・地域:行政のデジタル化スポーツ・文化・ストリートカルチャーを応援
環境:「地域新電力会社」でエネルギー転換
産業:最先端技術の集積地、中小企業支援

詳しくはこちらからチェック:川崎市長 福田のりひこ公式サイト

ホームページ、SNS等

市古博一(川崎民主市政をつくる会|新人)

市古博一
画像:川崎市長選、市古ひろかず市長候補(日本共産党推薦)が元気に第一声、銀柳街にて

3期目を目指す現職市長に対抗するのが、前回に引き続いて挑戦を予定している川崎民主市政をつくる会市古博一氏です。日本共産党の推薦を受け、福田市政からの転換を訴えます。

駅前での街頭活動、地域に密着したミニ集会などで市民の声を聞いている姿をSNSで日々発信しています。

元市議会議員の妻(共産党|中原区)と、現職市議会議員の息子(共産党|中原区)を持つ政治家一家の大黒柱として、満を持して川崎市長への挑戦です。

経歴

1948年 東京都葛飾区出身(72歳)
1969年 東大在学中に原水爆禁止世界大会(広島)へ参加。
1969年 川崎のセツルメント活動に参加。
1972年 東京大学卒業後、 小学校教諭として勤める。川崎市教職員連絡会の役員・会長を歴任。
2017年 川崎市長選挙に共産党推薦で出馬するも惜敗。

政策(マニフェスト)

市民とともに川崎市政を変える 3つのチェンジ

  1. 第一のチェンジ いのちを守る市政
  2. 第二のチェンジ くらしを守る市政
  3. 第三のチェンジ 市民の声を聞く市政
基本政策大綱の8つの柱
  1. 新型コロナウイルスから、市民の命、暮らし、経済を守りぬく
  2. 安心して子育てできる川崎、子どもたちが豊かに育つ川崎をつくる
  3. 高齢者障がい者も誰もが住み続けられるまちづくり
  4. 正規雇用を増やし、地域経済活性化を図る
  5. 災害に強く、公害のない、みどり豊かなまちづくり
  6. 税金の使い方を大規模開発から、くらし・福祉優先
  7. 日本国憲法を生かし、平和、ジェンダー平等、個人の尊厳を守る
  8. 豊かな文化とスポーツのまちづくり

詳しくはこちらからチェック:市古ひろかずが提案する『3つのチェンジ』と8つの柱 | 川崎民主市政をつくる会

ホームページ、SNS等

川村るみ子(無所属|新人)

Twitterより引用​
Twitterより引用

詳しくはこちら:川崎市長選 川村るみ子氏(42)出馬表明 「(今の)川崎市は子どもにも高齢者にも優しくない街」|なかはらPR

あわせて読みたい:【衆議院2021 神奈川10区】立候補予定者の経歴、政策まとめ[最新版] | なかはらPR

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる